プロフィール

2018年6月21日

偉大な男になるためのバイブルのアイコン

名前:グレートマン

グレートマンは英語で「偉大な男」という意味

誰からも一目置かれるようなビッグな男になることを目指しているのでこの名前をつけた

グレートマンと呼ばれることで偉大な男に近づいていける気がする。

名は体を表すというしね。

ちなみにイメージ画像はフリー素材を利用しているのでグレートマン本人ではない。

見た目がコンプレックスとかそういうことではないが、顔出しすると何かと面倒そうなので今のところは顔出しなし&匿名にしている。

 

年齢

昭和59年(1984)生まれ。

2018年2月現在は33歳

年齢的にスポーツ選手としてのピークは過ぎていると思うが、ピークを過ぎてなお右肩上がりに身体能力が向上している。

よく

「昔は俺も痩せててカッコよかった」

とか

俺も学生時代は運動部で活躍してた」

とかいうセリフを恥ずかしげもなく吐くやつがいるが、そんな奴にはなりたくない。

実力というのは常に「今」の力ではかられるものだ。

グレートマンはそんな過去の栄光を自慢してくる奴をコテンパンにやっつけることを生き甲斐としている。

年齢なんて言い訳の理由にしない、昨日の自分より今日の自分のがより強くカッコよくなるべく日々黙々と己を鍛えあげるのだ。

それが男ってもんだろう?

(*あくまで個人の勝手な意見です。)

 

趣味

バスケット

趣味はバスケットボール。

現在は週に2~3回バスケットをしている。

自分でチームを立ち上げてキャプテンとして日々頑張っている(2018年2月現在)。

(*ちなみにキャプテンだけどエースではない)

チームは時期によって調子の上げ下げももちろんあるが(みんな大人だから仕事とか子育てとかに奮闘していて試合にいつもベストメンバーが揃うとは限らないねん)、そこそこ良い勝率で勝てている。

低いレベルでは強いって感じww

もちろんみんな試合で勝つために本気で取り組んでいるけど、だからと言ってプロを目指しているわけではないし、あくまで趣味の延長なので、1番はやはりみんなで楽しくバスケットをすることをモットーにしている。

チームが勝つためといってガッチガチに決まりごとを作ってそれを徹底させたり、どなりちらしたりといったことはない。

またチームを強くするためにバスケは上手だけど性格の悪いプレイヤーをチームに入れるようなことはしない。

うちのチームは優しくて人当たりとノリが良くて仲の良いメンバーで上手くなって勝つことを目的としている。

グレートマンはそんなチームを引っ張るべく、少しでもバスケットが上手くなるためにバスケ日以外も欠かさず走ったりトレーニングをしている。

スポーツ選手としてのトレーニング方法や考え方、マインドなどについても少しずつ記事にアップしていくからそっちにも目を通してくれよな。

 

自分の中の偉大な男像

「偉大な男になるためのバイブル」というブログタイトルでやっている以上これはしっかりと定義しておいたほうがいいだろう。

偉大な男というと凄いビックな男を想像させてしまいそうだが(イチローとかウサインボルトとかメッシとかetc)、そこまで偉大な男は目指していない。

年収で億を叩き出して東京を一望できる六本木ヒルズのような建物の高層階に住みたいとかそういうわけでもない。

偉大な男を一言で簡単に言うと「幸せな男」かな。

いつでも明るく元気で楽しそうな人。

エネルギッシュでバイタリティが満ち溢れている人。

強く逞しく誰にでも気さくで優しい人。

そんな感じ。(大雑把でごめんね)

もちろん生活に不安がなく、ある程度好きな時に好きなことをできるぐらいのお金は欲しい。

けど、別にそれ以上のお金はいらない。

なぜなら、必ずしも

「お金がある=幸せ」

とは限らないから。

グレートマンは自由に使えるお金があっても自由に使える時間がないのは嫌だし、どんなに給料が良くてもストレスの多い仕事をするなんて絶対にありえない。

グレートマンが欲しいのは裕福ではなく幸福だ!(こことても大事!)

 

夢や目標

夢は幸せな家庭を築くこと

偉大な男になりたいといっておきながら人並みの夢で申し訳ないが、でもそれがリアル。

元気で明るい妻とたくさんの子供、そして猫や犬に囲まれて自然豊かな田舎でゆったりとストレスフリーな生活をするのが夢

ちなみに現在は妻と娘が1人、あと猫を1匹飼っている。

自然豊かな田舎でゆったりとストレスフリーな生活というのもすでに達成済みだ。

将来は息子に「お父さんみたいな男になりたい」、娘に「お父さんみたいな人と結婚したい」といわれるような偉大な父ちゃんになりたい

 

稼ぎ方について

20代の頃はよく脱サラしてフリーランスとしてやっていきたいと考えていたのだが(*起業ではない)、現在はいわゆる団体職員として仕事をしている

グレートマンは結婚して地元を離れ、今は自分の理想通りの自然豊かな田舎に住んでいるのだが、事業内容が地域の活性化に繋がるもので、地域の人ともたくさん関わることができるのでやりがいがあってとても気に入っている。

でも、それとは別で、フリーランスとしてちょこちょこ自分で仕事を見つけて収入を得ている

どのように稼いでいるかはここでは割愛するが、やり方は別にいくらでもある。

簡単にいうと、要は自分の能力をお金に変えているだけ(そのうち記事にアップする予定!)

そしてもうひとつ、グレートマンは投資もしている

メインは株式投資だが、それ以外にも手広くやっている(世間一般では投資とは言わないけどグレートマン的には投資と思っているものも多い)。

ここで一旦整理すると、グレートマンは団体職員として働きながら、フリーランスとして収入も得て、投資もしている

私はこれを「3本の矢作戦」と読んでいる(そのまんまで申し訳ない)。

要は3つそれぞれの良いところをうまく取り入れようということだ。

変な固定概念を取り払ってよくよく考えれば、別に団体職員だからってフリーランスとして仕事をしてはいけないとか投資をしてはいけないなんてことはないしね。

もし仮に目の前に宝箱が3つあったとしたら、当然宝箱3つ全部開けたいだろう?

おとぎ話じゃあるまいし、ひとつだけしか選ばないなんて考え方に柔軟性がなさすぎるだろう。

まず団体職員は上記したように仕事内容が気に入っているし、なにより地域の人ともたくさん関わることができる(ここめっちゃ大事!)。

安定収入があることによってフリーランスとしても思い切った行動が取れるし、なにより社保に入れるのが嬉しい(税金の手続き等、全部自分でやるとなるととても面倒臭い)。

フリーランスは団体職員の安定収入にプラスして収入を得ることができる、いわば収入ブースト的な役目を果たしている。

投資はお金が勝手に働いてくれるのでやらない手はないだろう。

今はそれほど高額な投資をしているわけではないが、資金をどんどん追加しながら少しずつ増やしていけば目標を達成するまでそう長くはかからないだろう。

収入源がたくさんあれば会社(私の場合は法人)に依存することもないので、仕事も格段にやりやすくなる。

3つともそれぞれに対して良いシナジーがあり、それが好循環を生み出している。

稼ぎ方についてはこれからも色々試していきたいと思っている。

 

ブログを始めた理由

ブログ

ブログを始めた理由は「自分はこういう者です」っていう言わば名刺代わりのツール

そして、フリーランスとしてやっていくための手段のひとつでもある。

自分が普段から考えていることや取り組んでいることなどをブログやSNSにアップしておけば、自分に興味を持ってくれている人や新しく出会った人にブログのURLを教えるだけで自分がどういう人間かを知ってもらうことができる。

また、ブログ経由で自分と同じ目標や志しを持った新しい仲間との出会いにも期待している

私が団体職員として働きながらフリーランスもしている理由のひとつでもあるが、今の世の中はひと昔前と違って「どの企業に属しているか」というのは、その人を判断する材料にならなくなってきている。

今や個人がブログやSNSなどで世界中に情報を発信する世の中になった。

自分の持っている情報を惜しみなく発信して日本だけじゃなく世界中の人と知を共有する、そして「自分」をブランド化していく。

いわゆる「ブランディング」だ。

面白い人はみんな情報を発信している。

それは何も有名人だけの特権ではない。

私は「グレートマン」というブランドに興味を持ってくれた仲間と同じ目標に向かって突き進んでいきたい。

私の考えに共感を持ってくれたブラザーにはコメントフォームからでもTwitterアカウント「グレートマン@偉大な男になるためのバイブル」からでも良いので気兼ねなくメッセージを送ってほしい。

私と一緒に偉大な男を目指して頑張ろう!

2018年2月10日 グレートマン

Posted by グレートマン