便利な物や技術を積極的に活用して時間短縮・心身の負担を軽減しよう

2018年10月28日成長

便利な物や技術

今日も元気に男を磨いているかいブラザー?

偉大な男になるためのバイブル管理のグレートマンだ!

いつも閲覧ありがとう!

今回は生活を豊かにしてくれる新しい便利なものを積極的に活用していこうという内容の記事だが、ブラザーは普段から新しく出た便利なものを積極的に活用しているだろうか?

何故このような質問をするのかというと、グレートマンが新しい便利なものを積極的に活用するようになったのはほんの数年前からで、それまでのグレートマンは新しい便利なものの活用に消極的なアナログ人間だったかからだ。

アナログ人間だった頃の自分は「新しいものをわざわざ買わなくても今あるもので十分、買わなくていいものを買うなんて贅沢だ!」という考え方だった。

その考え方も決して間違いではないと思う。

質素倹約は素晴らしいことだし、便利だからといって何も考えずにあれもこれも買っていたらお金がいくらあっても足りないだろう。

ただ、それまでの自分はあまりにも新しい便利なものを活用しなさすぎた。

結果として、後になってから「こんな便利なものがあるならもっと早くから活用していれば良かった、ずっと損してたな」と思うようなことが多かった

ブラザーがグレートマンと同じような損をしないように今回も一生懸命に記事を書くから最後まで読んでくれよな!

新しい便利なものを活用して時間短縮・心身の負担減・作業効率アップを!

グレートマンが便利なものの活用を勧める理由としては時間短縮・心身の負担減・作業効率アップの3つが主な狙いだ。

この3つのうちのどれかが劇的によくなるようなものを積極的に取り入れてほしいと思う。

時間はお金よりも大切なもの

時間

便利なものを使って得られる1番の恩恵、それは「時間の短縮」だ。

例えば、洗濯をする時に全て手洗いをしている人と洗濯機を使っている人では、洗濯機を使っている人のほうが自由に使える時間が圧倒的に多い。

長距離を移動するのに歩いて移動するよりも自動車や電車などを理由したほうが時間を大幅に短縮することができる。

これらは今ではすっかり我々の生活になくてはならないもの=「常識」になっているので改めて説明するようなものではないが、グレートマンが言いたいのは「新しい便利なものを積極的に取り入れているか?」ということ。

まだ我々の生活に馴染んでいない便利な道具や新技術、言うなれば「非常識なもの(まだ常識になっていないもの)」に対して常に敏感になってほしい、興味を持ってほしいのだ。

例えば、テレビや雑誌・インターネット等でよく最新の便利な道具や技術を特集していることがある。

そういうものを見たり聞いたりした時に「今ってこんなのもあるんだ、へぇー」とただただ聞き流さないで「これを活用することによって自分の生活がどのように便利になるか」ということを真剣に考え、「自分の生活が今よりずっと便利になる」と確信できたなら積極的に取り入れてほしいのだ。

便利になるということは豊かになるということだ。

グレートマンは便利なものを買って使わなかった頃、正直あまり豊かな生活を送っていなかった。

便利なものを使わない(買わない)何をするにも時間がかかるお金を稼ぐ時間がなくなるお金がない便利なものを買えない

という貧乏のスパイラルに陥っていたのだ。

時間を浪費すればその分お金を稼ぐ時間がなくなり、本来稼げたはずのお金が手に入らなくなる

「時は金なり」ということわざがあるが、文字通り時間はお金と同様の価値があるのだ。

(※グレートマンはお金より時間のほうがはるかに価値があると思っているが)

お金を節約するあまり時間を浪費して、ブラザーがグレートマンのように貧乏のスパイラルに陥いることがないように願っている。

健康はお金よりずっと大事!

健康

「元気があればなんでもできる」というアントニオ猪木の名言があるが、あれは素晴らしい名言だとグレートマンは思う。

たとえお金があっても元気がなければお金を使うこともできないが、元気があれば無一文だってどうにかやっていけるものだ。

起業したり大企業の重役になるような人は最初は沢山のお金を得ようとする。

大金を稼ぎたいと考える人達は沢山のお金を稼ぐために沢山働たらくようになる。

そうして大金を得た時、もっと効率的にお金を稼ぐため、あるいは今度は稼いだお金を使うための時間がほしいと便利なものや技術を活用してお金を時間に変換し始める。

そうして大金と時間を得たお金持ちが次に欲するものが「自身の健康」だ。

それは何故かというと、お金持ちは自身の健康こそが最大の資本ということをよくわかっているからだ。

健康が何よりも大事というのはなにもお金持ちに限った話ではない。

ということは我々も1日でも早く健康になるための取り組みを始めたほうが良いのだ。

普段の食生活を見直したり運動したりすることも当然大切だが、今回そういう話は割愛させていただく。

便利なものや技術を上手く活用することで心身の負担は減らすことができる

例えば、広い床を全て雑巾がけしたら腰に負担がくるが、モップを使えば腰への負担を軽減することができる。

ずっと座りっぱなしの仕事をしている人は腰を痛めたり痔になったりしやすいが、クッションを利用することでそれらを緩和することができる。

外出時に乳幼児をずっと抱っこしているのはかなりの重労働だが、抱っこ紐やベビーカーを使えばかなり楽になる。

スポーツをする時にサポーターやテーピングをすれば身体への負担も減るし怪我の予防にもなる。

何でもかんでも買って使えとは言わないが、せめて何かをする時に痛みや負担を感じているなら便利な道具を使ったほうが良いだろう。

世の中には心身の負担を軽減できるものがたくさんあるので自分に合ったものを見つけて是非活用してほしい。

道具を便利に使って作業効率をアップしよう!

最後に作業効率の話をしようと思うが、正直こちらは時間短縮・心身の負担を軽減すると似ている部分が多いので簡潔に書いていく。

例えば、紙を切る時も手でちぎるより、時と場合に応じてハサミとカッターを使いわけたほうが作業効率が良くなるだろう。

もっと言えばシュレッダーもあったほうが良いかもしれない。

何事に対してもいかに作業効率をアップするかという試行錯誤を常日頃からすることはとても大切だとグレートマンは思う。

向上心のある人・基準値の高い人は常にやりたいことが沢山あると思うので、目標は短期間で成し遂げるのが良いだろう。

まとめ

今回の記事内容はいかがだっただろうか?

世の中では日々便利なもあのが生まれ、技術も驚く程の速さでどんどん進化し続けている。

せっかく人間に生まれたのだからそれらを利用しない手はないだろう。

便利な道具や技術を利用して生活を豊かにするというのは言わば自己投資だ。

それなら、ガンガン自己投資してどんどん基準値を上げていこうぜブラザー。

それでは今回はここまで。

最後まで記事を読んでくれてありがとう。

ブラザーからの熱いコメントも待ってるぜ!

Posted by グレートマン